南海高野線の「西村駅」って一体どこにあるの?

南海高野線の西村駅

南海高野線を使っている人でも、この駅名は、おそらく聞いたことはないのではないでしょうか。

西村駅は、明治31年に開業した南海高野線の駅です。

ん?

そんな駅、あったっけ?

はい。

西村駅は廃駅ではありません。

今も現存しています現役の駅になります。

◎駅周辺の分譲地を売るために駅名がつけられた駅

戦前、西村駅として開業した駅の周辺では、宅地開発が行われていました。

この宅地を売り出す際「西村駅」という名前はパッとしませんでした。

そこで、これから売り出す分譲地のイメージに近い駅名の公募を行うことになりました。

南海の車内で公募した結果、芝生のある高級住宅のイメージとして、「初芝」という名前が採用されました。

住宅地の売り出しとともに、昭和10年、西村駅は、初芝駅として再出発をすることになったのです。

地名や施設、風土の歴史などが全く関係ない駅名というのは驚きですよね。

◎初芝駅の現在

西村駅として開業した現在の初芝駅。

今では、駅前にはスーパーマーケットなどの商業施設が栄えていて、買い物には便利な街になっています。

駅から少し離れた郊外では、かつての田園都市を感じさせる閑静な住宅街が広がっています。

アクセス的には、なんばに乗り換えなしで行けますし、堺東やなかもずも通学圏内です。

個人的には、とても便利で住みやすい駅だと思います。

どうでもいい情報ですが、西村だとか、初芝だとか。

これは、プロ野球で、かつての千葉ロッテマリンズにいた、西村選手初芝選手を思い起こさせてくれます。

一部のコアファンだけだと思いますが、ある意味、初芝駅はロッテの聖地なのかもしれません。