高架を走る鉄道よりも高いところを走る地下鉄が大阪の中に存在していた!

地下鉄。

あなたは、この言葉を聞いてどういったイメージを持ちますか?

そう、簡単ですよね。

地面の下を鉄道が走っているから「地下鉄」と呼んでいるのです。

当たり前の話です。

しかし、大阪には不思議な場所もあるものです。

なんと、地上を走っている鉄道(しかも高架)の上を走る地下鉄が存在しているのです。

これは一体どういうことなのでしょうか?

◎地下鉄中央線の弁天町駅

大阪には「弁天町」という、そこそこ有名な駅があります。

2014年頃までは、駅の近くには「鉄道博物館」が存在して賑わっていました。(2019年2月現在において、鉄道博物館は、京都に移転しています。)

この弁天町駅には、JR大阪環状線と地下鉄中央線という2つの路線が連絡しています。

今回のテーマの主役となるのは、このうち、地下鉄中央線の弁天町駅になります。

まず、JR大阪環状線は高架を走っています。

簡単に言うと、高いところ(2階)を走っているイメージです。

そして、その高架のさらに上に、地下鉄中央線が交差しており、そこに地下鉄弁天町駅が存在しているのです。

つまり、地下鉄中央線の弁天町駅は、3階にあるイメージです。

地下鉄弁天町駅は、地下鉄なのに、地上3階にあるという、実に不思議な構造をしているのです。

なぜ、このようないびつな構造になってしまったのでしょうか?

◎大阪エリア独特の地質的な事情

地下鉄弁天町駅が高いところにある理由。

それは簡単なものでした。

弁天町を含むこのエリアは、もともと埋立地であったため、地盤が緩いのです。

地下鉄を掘ったとしても、地盤沈下のリスクがあったのです。

台風による水害リスクも同様です。

そこで、地下鉄とはいえ、弁天町付近の区間は地上(高架)を走ることになっているわけです。

◎京セラドームで禁止されている”あること”

突然ですが、あなたは京セラドーム大阪(ドーム球場)に行ったことがありますか?

ここでは、普通に、プロ野球や催し物が行われていますが、他の球場ではありえない禁止事項があります。

なんと、ジャンプしてはいけないことになっているです。

もし、ジャンプすると、ドーム球場近くの地盤が弱いため、震度3程度の揺れが発生するため、ジャンプは禁止されているのです。

地下鉄弁天町駅が高いところに設置されていることも、京セラドーム大阪でジャンプしてはいけないことも、どちらも同じ理由によるものでした。

今後、大阪の西地区・ベイエリアは、大阪万博などで盛り上がってくると予想されます。

地盤だけはどうすることもできませんが、知恵を絞って、安全だけは確保される街になってほしいと思います。