日本一長いアーケード商店街が大阪の中にあった!

今回は、大阪人としては、誰もが知っているネタだと思います。

日本で一番長いアーケード商店街は、一体どこにあるのか分かりますか?

そうそう。

もうお分かりですよね。

答は「天神橋筋商店街」になります。

◎天神橋筋商店街の概要

天神橋筋商店街は、日本で一番長いアーケード商店街になります。

天神橋1丁目から天神橋6丁目まで、全長2.6km、約600もの店舗が連なっています。

商店街の中には、食べ歩きにぴったりの飲食店、激安の衣料品店、大阪らしい雑貨店、居酒屋、娯楽施設など、さまざまなお店が含まれています。

大阪ならではのコスパのよさが人気の秘密になっています。

1丁目商店街は「天一(てんいち)」、6丁目商店街は「天六(てんろく)」というように略称が、用いられています。

天神橋筋は、大阪天満宮の門前町として発展してきた商店街で、庶民の盛り場として大阪きっての賑わいを見せていました。

近くにあった天満青物市場が大阪市中央卸売市場に移転してしまったことから、苦境に立たされた時期もありました。

しかし、現在、天神橋筋商店街は、大阪ならではの魅力ある商店街を目指して、巻き返しを図っています。

◎天神橋筋商店街と鉄道との対応

天神橋筋商店街は1丁目から6丁目まで、駅2つ分の長さがあります。

南から言えば、2丁目の最寄駅が、地下鉄堺筋線・谷町線の南森町駅になります。

4丁目が地下鉄堺筋線の扇町駅、6丁目が地下鉄堺筋線の天神橋筋六丁目駅に対応しています。

1丁目が一番南端にあり、だいたい4丁目あたりが商店街の中心部になります。

2丁目には、大阪天満宮があり、4丁目には、キッズプラザや扇町公園があります。

とりあえず、南から北まで、歩いていけば、大阪の空気を十分に堪能することができる商店街です。

少し歩けば「大阪のおばちゃん」に遭遇することもできるでしょう。

商店施設の老朽化はところどころで目立っていますが、天神橋筋商店街は、大阪を代表する商業地です。

これからもますますの繁盛を願っています。