大阪で渋滞する一般道路ベスト3

大阪で車を運転するのは非常に難しいと言われています。

理由はいろいろありますが、他の地域から見た場合、次のような点に驚くようです。

・左車線が駐車場状態になっている
・黄色信号で車が急加速する
・バイクのすり抜けが多い
・無灯火の自転車が道路に出ている
・オレンジの線の上を車線変更する

どれも危険なので、やってはいけないことですが、悲しいことに、大阪では珍しくない光景です。

自分は正しくルールを守っていても、外的な影響も大きく、運転の難易度は非常に高いものと思われます。

◎交通量調査

今回は、そのような大阪において、イライラ度を高める、特に混雑している一般道路ベスト3をお届けしたいと思います。(高速道路や有料道路は除外します。)

平成27年の秋季に、全国の道路交通量調査が実施されました。

この調査は、国土交通省、都道府県、政令指定都市、高速道路会社等の関係機関が連携して実施したものになります。

サンプル期間は、平成22年度までの道路交通センサスによるものとします。

◎大阪で混んでいる一般道路ベスト3

■第3位:堺市南区竹城台3丁、富田林泉大津線

昼間12時間の交通量は59502台になります。

この路線は、堺市の中心部と泉北ニュータウン・和泉ニュータウンを結ぶバイパス道路です。泉北ニュータウンを横断する区間では「泉北1号線」とい呼ばれています。道路の中央には泉北高速鉄道が走っています。

信号もなく、スピードも出しやすい区間のため、速度超過の取り締まりもよく実施されている。

泉北ニュータウン住民にとっては、知らない人はいない動脈路線になっています。

ちなみに、大阪第3位の交通量を誇っているこの道路は、全国でも10位にはいる交通量となっています。

■第2位:東大阪市本庄西、大阪中央環状線

昼間12時間の交通量は80145台になります。

この路線は、上り側道3車線と本線3車線、高速道路上下6車線、下り本線3車線と下り側道3車線の巨大道路になっています。最大幅員は122メートルにもなります。大阪府の大動脈となる路線です。

大阪人には言わずと知れた、この「中環」ですが、他にも「内環」「外環」という道路もあります。「内環」と「外環」は国道ですが、「中環」は府道です。ただ、国道よりも、府道の「中環」のほうがはるかに大きく、立派な道路であるように感じます。

大阪第2位の交通量を誇っているこの道路は、全国でも5位にはいる交通量となっています。

■第1位:大阪市北区豊崎6丁目、国道423号

昼間12時間の交通量は90895台になります。

この路線は、大阪万博に合わせて整備された新御堂筋といわれる路線です。道路の中央に、大阪市営地下鉄御堂筋線と北大阪急行が走っています。西日本では、一番交通量の多い路線です。高架道路が連続しており、自動車専用道路ではありませんが、本線上は原付や歩行者の通行を規制しています。

梅田から北摂に至るまで、信号が全くないため、空いているときは快適に走行できますが、朝晩はいつも大渋滞しています。時速60キロで走行するとあおられるという恐怖の道路でもあります。

大阪第1位の交通量を誇っているこの道路は、全国でも3位にはいる交通量となっており、大阪最大の一般道路といっても差し支えないでしょう。